ウェルビーイング内科クリニック船橋法典

ウェルビーイング内科クリニック船橋法典

アクセスアイコンアクセス
Web予約アイコン
Web予約
お問合せ
047-303-0111

Non-smoking outpatient

禁煙外来

喫煙は、肺がんに限らず全身の癌、肺気腫・喘息など肺疾患、高血圧・心筋梗塞などの心血管疾患、糖尿病、認知症、など様々な病気の原因となっています。さらに、喫煙者自身だけではなく周りの方の受動喫煙の問題もあります。

薬による治療に比べて、禁煙は最も費用対効果の高い治療方法です。「喫煙は病気、喫煙者は患者」という考えのもと、禁煙治療に保険が使えるようになっています。
禁煙したいがなかなか禁煙できないという方は、ぜひ禁煙外来をご利用ください。禁煙の成功率は、一人で頑張るよりも格段に高くなります。

禁煙外来で保険診療が可能な方

  • ●ニコチン依存症を診断するテスト(TDS)で5点以上
     (TDSテストはこちら)
  • ●1日平均喫煙本数×これまでの喫煙年数=200以上
     (35歳以上の方のみこの要件が必要です)
  • ●直ちに禁煙を始めたいと思っている
  • ●禁煙治療を受けることに文書で同意している
     (来院後同意書にサインをいただきます)
  • ●前回の禁煙治療の初診日から1年経過している

禁煙外来の費用

タバコにかかる費用に比べて、禁煙外来の費用の方がかなり安く済みます。将来的な医療費も考えると生涯の経済的負担の差は相当なものです。

禁煙外来費用
13,000円〜20,000円 (3割負担、12週間の診察料+薬代の合計金額)

タバコの金額
42,000円 (1箱500円1日1箱12週間の金額)
1年間 約180,000円、20年間 3,600,000円

禁煙外来の流れ

初回

ニコチン依存度の確認
喫煙状況の確認
問診、診察による喫煙に伴う身体の状態の確認
(血圧、経皮的酸素モニター、聴診など)
呼気一酸化炭素濃度測定
治療薬の選択

2回目(2週目)、3回目(4週目)、4回目(8週目)

喫煙状況の確認
ニコチン離脱症状の確認
薬の副作用の確認
呼気一酸化炭素濃度測定
治療薬の処方

5回目(12週目)

最後の診療

禁煙補助薬について

バレニクリン(12週間の合計金額 約20,000円)

飲み薬
離脱症状を抑えるだけではなく、タバコを吸った時の満足感も抑えます。
飲み始めの時期に吐き気が出ることがあります。
眠気などが出現する可能性があるため、自動車や機械を使用する方は使えません。

ニコチンパッチ(12週間の合計金額 13,000円)

貼り薬
薬局で購入できるものより医療用のものはニコチン濃度が高いため、ニコチン依存度の高い方でもより禁煙に成功しやすくなります。
かぶれなど皮膚のトラブルが出る場合があります。

ニコチンガム

薬局で購入できます。 突然の喫煙欲求や口さみしさを抑える効果が期待できます。

TDSテスト

質問内容 はい
1点
いいえ
0点
問1.自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
問2.禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
問3.禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
問4.禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。
(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
問5.問4でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
問6.重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
問7.タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
問8.タバコのために自分に精神的問題(注)が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
問9.自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
問10.タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。

注)禁煙や本数を減らした時に出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)ではなく、喫煙することによって神経質になったり、不安や抑うつなどの症状が出現している状態