ウェルビーイング内科クリニック船橋法典

アクセスアイコンアクセス
生活習慣病

肥満治療と自由診療について 

肥満治療と自由診療について 

先日、日本医師会の定例会で、GLP-1製剤をダイエット目的で使用することは、問題であるとのコメントがあげられました。 

ご指摘の通り、日本の国内で承認されているGLP-1製剤は、糖尿病治療薬として承認されているもののみであり、抗肥満薬として承認されているものは一つもありません。 

注射を打つだけで何の苦労もなくらくして痩せられるとの謳い文句や、きちんとしたフォローもなく注射薬だけ処方するようなダイエット目的の使用は確かに問題があると思います。 

 

肥満を代表するメタボリック症候群の他、多数の病気が肥満の改善によって良くなるということは明らかです。医者はやせたら良くなります、やせましょうと言いますが、具体的なやせる方法が十分に提供できていないというのも事実です。 

血圧や血糖、コレステロールは薬で下げられます。しかし、体重はなかなか減らすことができません。

 

そういった方々のニーズに合わせて、当院では肥満治療を行っています。 

GLP-1製剤も使用します。 食事や運動などの生活の見直しも同時に行うことで、GLP-1製剤単独よりも安全に、かつ効率よく体重を減らすことが可能です。 

保険が効かないため、費用はかかりますが、それだけの覚悟をもって肥満治療を初めていただければ、確実に効果が出ると思います。

 

【GLP-1製剤について】 

肥満治療で使用されるGLP-1製剤

  • リラグルチド (商品名 ビクトーザ®)
  • セマグルチド (商品名 オゼンピック®)

国内では、いずれも糖尿病治療薬として認可されていますが、肥満治療薬としては未認可です。

GLP-1は元々体内で産生されるホルモンの一種で、インスリン分泌を促すことから、糖尿病の薬として利用されています。

インスリンは強力に血糖値を下げるので、糖尿病の治療には有効ですが、血糖が下がると食欲が刺激されること、糖が組織内に取り込まれることから体重は増えます。

一方、GLP-1は血糖効果作用の他に、食欲抑制効果、脂肪の異化亢進作用があるため、体重減少に働きます。

 

GLP-1製剤は数種類ありますが、体重減少効果があるものはリラグルチド、セマグルチドです。リラグリチドは、日本国内ではビクトーザ®という名称で糖尿病治療薬として認可されています。海外では抗肥満薬として、サクセンダ®の名称で利用されています。

サクセンダの抗肥満効果を狙った投与量は1日3mgで、糖尿病薬として国内で承認されている最大投与量は1日1.8mgです。3mg投与しなければ体重減少効果がないかというとそうではなく、それ以下の量でも減量効果は認められます。

 

薬の副作用として、吐き気などの腹部症状が認められます。少量から初めて副作用と効果を見ながら適切な量へ調節していくという使用方法が良さそうです。

ちなみに、糖尿病でビクトーザを使用する時の初回使用量は1日0.3mgです。

GLP-1製剤は元々血糖値を下げる薬ですので、低血糖の心配もあります。GLP-1製剤は他の糖尿病薬と一緒の使わなければ低血糖は起こりにくいです。しかし、過度な糖質制限を行うと低血糖を起こすことがあるため注意が必要です。

 

GLP-1は抗肥満薬として使用されることもありますが、その効果は食欲抑制が主なものと考えられます。GLP-1製剤は食事制限も一緒に行うことで体重減少効果が大いに発揮されます。

食事制限はつらいと思う方が多いと思いますが、薬を併用することで比較的楽に食事制限が可能となります。

健康な体づくりのためにご検討ください。