ウェルビーイング内科クリニック船橋法典

アクセスアイコンアクセス
生活習慣病

GLP1受容体作動薬の適正使用について(肥満治療)

当院では、メタボリック症候群の予防を主な目的として肥満外来を行っています。

抗肥満薬としてGLP1受容体作動薬の使用を行っていましたが、適性使用を求める勧告が続いているため、新規患者さんへのGLP1受容体作動薬の使用は行わないこととさせていただきます。

そもそもGLP1受容体作動薬を抗肥満薬として使用し始めたのは、生活習慣の指導だけでは痩せたいという方、痩せる必要のある方の受診動機としては不十分であると考えたのがきっかけでした。

将来に起こりうる心臓血管病・腎臓病を予防するためには、生活習慣病の是正が必要です。当院では禁煙外来も行っておりますが、タバコと肥満症の対策を行うことでかなりの生活習慣病、心臓血管病、腎臓病を回避することがでます。タバコとともに肥満症に対してはなんとかしたいという思いがあります。

GLP1受容体作動薬は日本国内で保険適応を取得している疾患は2型糖尿病のみです。膵臓から食後血糖に合わせたインスリンの分泌を促すこと、糖の組織内への取り込みを促すこと、中枢に作用し食欲を抑えることなど全身に様々に働き、糖尿病の改善と体重減少に働きます。

糖尿病薬の中でも低血糖を起こすリスクの低い薬であり、海外では、一部のGLP1受容体作動薬が抗肥満薬として認可されてる状況を見ても、GLP1受容体作動薬は抗肥満薬として使用しても適切な使用方法のもとでは、比較的安全と考えています。

今回、医師会、日本糖尿病学会に続き、製造販売製薬メーカーからも適正使用を求める通達がなされたことを受けて、患者さんの安全性を最優先するため、抗肥満薬としてGLP1受容体作動薬の使用を見合わせます。

現在、GLP1受容体作動薬の肥満症に対する臨床治験が進行中とのことですので、近い将来肥満治療にGLP1受容体作動薬が使用できる日が来ること、メタボリック症候群の方の予後改善に貢献できることを期待したいと思います。